読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杉浦裕樹の?ブログ

横浜でNPOの仕事をしながら思うこと

freeeでNPO会計:横浜コミュニティデザイン・ラボ

f:id:co-creation:20170102165656p:plain

2017年。今年は経営ができるかどうかやってみることにする。

先ほどfreeeからメールが届いた。今年度から横浜コミュニティデザイン・ラボで導入した会計ソフト。

 

このfreeeという会計ソフト、なにやら面白そうだ。会社も面白そう。


NPO法人向けの会計キットがあり、簡単にNPO法人の会計・決算作業を行うことができるそうだ。自分で触って理解しようと。新年の抱負の一つ。

クラウド会計のfreee、33.5億円を調達--AIで経営者を支援へ 

 freeeは12月26日、複数のファンドや事業会社から総額33.5億円の資金を調達したと発表した。調達先は、未来創生ファンド、DCM Ventures、SBIインベストメント、Salesforce Ventures、日商エレクトロニクス、日本生命保険、ちばぎんキャピタル、Japan Co-Invest。同社の創業以来の累積調達額は96億円になる。

 freeeでは、調達した資金を(1)「人工知能(AI)を活用したサービスの開発・強化」、(2)「中堅規模法人向けのサービスの強化」、(3)「税理士・会計事務所向け機能およびサポート体制の強化」という3分野へ投資するという。 

japan.cnet.com

 

 freeeは12月19日、横浜銀行と協業し、「クラウド会計ソフト freee」のデータを活用した融資サービスを開始した。なお、クラウド会計ソフトのデータを活用した融資サービスは、地方銀行としては初の取り組みとなる。

japan.cnet.com

 

広告を非表示にする